新しくネットの記事を書きました。こっちの方がわかりやすいです!

インターネットは、現代社会では重要な設備です。

URの光は引き込み迄のVDSL方式と住戸内LAN方式が多いですね。住宅まではメタルなのでそんなに速くないです。

会社はNTT MEかKDDIです。

住棟内LAN方式は、NTT-MEです。かなり料金は安いですね。

KDDI(au)は自分で気に入った会社に申し込みをします。

住棟までと住宅まで全部光ケーブルという団地もあります。FTTHですね。

ネットの方式は団地により異なりますので詳細は、住宅管理センターへ

ネットの利用料金・サービス内容と団地別利用可能方式一覧

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)
これを見れば、どの団地にどんなネット環境でつながれているかわかるので確認してください。

住戸内LAN設備とは?

住棟までは光ケーブルでそれ以降住宅までは、LANケーブルを使用しています。オール光に比べると遅いですね。

DVSLとは?

URのインターネットでVDSL仕様の団地があります。VDSLなんだろか?私は、最初解りませんでした。
聞いてみたところ、
1対の電話線を使って通信する。ADSLと同じ非対称速度型であり、伝送速度は電話局→利用者方向(下り)が13Mbps~52Mbpsで、利用者→電話局方向(上り)が1.5~2.0Mbps。最大伝送距離は300m(下り52Mbps)~1.4km(下り13Mbps)。利用者側は電話線を用意するだけでよいが、経路の一部に光ファイバーを利用する。

古い団地(平成の初めくらい)は、インターネット設備を想定していない為、改修工事で、後付けでインターネット設備を施工した結果、各棟までは光ケーブル、棟内・住戸内はメタルケーブルのままにしているのです。

理由は、棟内・住戸内は居住中で施工困難なため光ケーブル化の工事を行ってないのです。でもADSLよりは、早いとは思います。

スポンサーリンク

ちなみにADSLとは?

ADSLは、NTT回線収容局との距離がかなり影響します。遠ければ遠いほど遅くなります。
YOUTUBEなんて、いつまでもクルクル回っていて見る気がしないです。こんなのもうないけど。

通信速度は下り最大50.5Mbps、上り12.5Mbps程度という事なのですが、そんなに出る事はないです。

というか聞いた事はありません。NTT回線収容局との距離が5km以上あると1ケタ出るくらいです。凄く遅い!

FTTHとは?

光ケーブルの事です。住棟までは、VDSLや住棟内LAN設備と同じなのですが、住宅まで光ケーブルを使用しています。
URの中では、一番早いネット環境ですね。

URの団地は、ネットが遅い?VDSL?

光ファイバは、ADSLと比べて距離は関係ないので建物までは障害はないのですが、その後の住戸内LANや電話回線で数十メートルケーブルを通る間にスピードがグッとダウンします。

一戸建ての住宅も基本的に同じなのですが、引き込みからはせいぜい数メートルです。ロスが少ないのです。70~90Mbpsくらいは速度が出ます。

また、マンションなどは、たくさんの世帯で共有するので利用する人が多いければ多いほど速度は落ちていきます。スピードは、下り最大100Mbps、上り40Mbps程度となっていますが、実際は半程度でればいいとこ。という事になります。20くらいか?

このような理由で、URの団地はネットが遅い、遅く感じる!という事になるのです。URだけではなく、民間の古い集合住宅も同じです。

ところで住戸内LAN設備とVDSLどっちが早いの?

住戸内LAN設備とVDSLは、みんなで使うと遅くなる!
という事になります。使用状況で変わるのでどっちが?と言われてもわかんないですね。夜8時頃から遅くなります。

これを見てしまうと、あり得る話である。動画は特に怪しいなぁ。

今は、タブレットなどいろんな端末を皆さん持っています。

私もタブレット持っています。AUのデザリングの機能を使うのですが、電池の消耗が激しく使う気になりません。そこでWIMAXなどの端末を持ち歩いています。

今年中には、WIMAX2なんてものが出るようです。WIMAXは、繋がる範囲も広いので、これ1つですべてOKなんて事になるのかもしれません。

これ以上に住宅に引き込むタイプは速くなりそうにもありません。その点、WIMAXなどの高速モバイル通信はまだまだこれからです。※最近は、光なみに早い!

要するに光ケーブルが各住戸に来ていない団地は、ネットは遅い!と言う事なのだ。