URのインターネット回線は、他の賃貸と少し違うのです。団地によってバラバラ!


ネット回線&環境

UR賃貸のインターネット回線と環境、方式別の最適の接続サービスとは?

この記事を書くのにバリバリのUR担当者2人にも協力してもらった。

UR賃貸には、インターネットと言ってもいろいろあります。特に仕事で使う人は、気になる事だね。というか大問題である。

毎日のように問い合わせがあり、「どれでもいいんですか?」「URでおすすめはあるんですか?」など

基本的には自分で気に入ったブロバイダー会社を選ぶ事になるのですが、そんな事は初めてだとわからないのが普通だな。

お得だなぁ!と思うブロバイダー会社でも団地によっては、全然損な事もあるのです。

少しでも目安になれば良いと思い、この記事を書いた次第です。

ワシも訳が分からず、営業マンの口車にのって申し込みした事がある。途中でキャンセルしたけど。

理由は工事の日程が合わず、すごく時間がかかったのです。営業のお兄ちゃんの説明が多すぎて全部は把握できなかった。

わかったつもりで契約してしまったワシが悪いのである。

いきなりの営業では心構えもないし基礎知識もない。自分で確認した方がよかったなぁ。

わからん事は申し込みの時に聞けばいい事なのだからね。

花小金井です。花小金井です。

いきなりだが
どんな方式でも「みんなで使えば遅くなる。」という事は頭に入れておいて欲しい。

時期によりやたら時間がかかるので注意!

お察しの通り、引越し時期です。3月や4月です。意外に12月も混んでいるな。

ワシの妹で田舎の戸建てで、2ヶ月以上も待たされたのだ。これは遅いなぁ。でも、待つしかないのです。

2ヶ月という事は無いけれどUR団地でも時期により混み合うと時間がかかるなぁ。これはしょうがない事だ。

その間ネット無し。でも、今はスマホがあるからなんとかなるけどなぁ。

仕事で使う人は、いち早く申込みする事をおすすめします。ワシみたいに「えっ!」て事になる前に。

URではネットについては、NTT-MEやフレッツ光の設備の内容までしか案内していないのです。

URの担当に「ブロバイダーどれがいいんですかねぇ?」なんて聞いてもそこまでは誰も把握していない。

多すぎてわからないし、内容もコロコロ変わるから。

自分の団地にあった回線方式で、自分に都合の良い会社を選ぶのです。

下記がURのインターネットの案内サイトです。

こんな地域別で団地別のファイルが下の方にあるので自分の団地がどんな回線方式か調べる事ができる。

東京23区の例


その団地が対応しているネット方式が記されています。
ここにはないが全部に丸が付いている団地もあるのです。
住棟内LAN設備、VDSL、FTTH、ADSL全てが使える団地もあるのだ。そんなに必要ないけどね。

まずこの表をダウンロードする。そこから始まる!

初めにやる事
あなたが住む団地のネット回線の方式をURのサイト

【別紙】 団地別利用可能方式一覧で確認する。下の方に地域別で書いてあるので、クリックして自分の団地を調べるのである。FTTH・VDSL・住棟内LAN設備、ADSLのどれかを調べます。

URでは、ネットは、FTTH、VDSL、住棟内LANケーブル、CATV方式、ADSLの5種類ある。

URで一番安いネット方式 住棟内LANケーブル方式

これは、住棟内LANケーブル方式のみです。株式会社NTT-MEが運営している。

これは安いな。UR専用サイトなのも話がわかりやすく良いと思う。

あなたの住む団地が住棟内LAN設備であればここで終了です。
上記のサイトからNTT-ME(BB-EAST)を申し込んでおしまいです。
お疲れ様でした。

通信業者の裏話

この住棟内LANケーブル方式、通信会社は嫌なようだ。理由は割に合わないのである。中継器が多くて故障すると面倒でコストもかかる。そのうち無くなるのかもしれないな。

住棟内LANケーブル方式では、物足りない!

もっと早いのがいい!という人は住棟内LANケーブル方式でもFTTHが回線してある団地ならFTTH(オール光ケーブル)を選ぶこともできるので、そんな人は下に進んで下さい。先に調べた団地別利用可能方式一覧表を見ればわかる。



FTTHとVDSLの団地の人はこっち!

URでは、LANケーブル方式よりFTTHとVDSL方式の方が多いのだ!

URのネット方式の種類とスピードランキング!

取り敢えずこのくらいは知らんとな。

FTTH

通信基地から住宅まで全部が光ケーブル。速度も速く安定している。
FTTHとは、Fiber to the Homeの略。 通信事業者の設備から住宅までを光ファイバーケーブルでつなぐアクセス方式。

今のところ、これが最速だな。

住棟内LANケーブル

住棟までは、光ケーブルでそこから分岐してLANケーブルで住宅まで繋がっている。早いんだけどね。この方式は、設備費がかかるので減ってきている。

VDSL

住棟までは、光ケーブルで住宅までは、既設の電話線を使う。これまた遅いぞィ。

CATV方式

JCOMなどのテレビ回線を利用してインターネットにつなぐ方式である。
同軸ケーブルを使うためネットは遅い
な。要するにただの銅線・テレビケーブルである。

テレビがメインだから致し方ない。いまワシが使っているのがこれに当たる。
使い心地は・・。遅せぇ~!変えたいのである。奥さんがケーブルテレビが好きなのでしょうがないな。

Ur限定特別プラン

このくらいの事はどこでもやっている。
JCOM

一度に加入してくれるURは美味いからな。安くなるのは当然だ!限定でも特別でも何でもない。

しかし、これも同じで「みんなが使えば遅くなる!」

かなり力を入れているな。という事は加入者も多くなると、これまた「みんなで使えば遅くなる!」ということになる。

オマケに同軸ケーブルである。ノロノロなのは致し方ない。

ちなみにワシの家では、ついにアマゾンスティックを導入した!

これの方が見たいものが多い!オマケに安い!ついでに娘からのプレゼントである。

ツタヤの時代は終わったのである。ケーブルテレビの時代もそろそろだと感じておる。

ADSL

住棟までと住宅までを電話回線を利用している。古い市街地系のURにADSLのみと言う団地がある。

ワシも初めはADSLだった。動画は厳しい。というか今時である。選ぶにも種類が少ないのでYahoo BBが良いな。

ネットなんかあまり使わない。安い方が良い!という人ようである。これもソフトバンクのスマホも割引されます。


【Yahoo! BB ADSL 999円】yahoo JAPNに直接申し込みをします。

古い団地でどうしても!という人は、WiMAXを使えば今は光並に早いです。使用料も光より安いのでおすすめだね。

それには自宅で確認しなくてはいけない。普通1週間くらい使えてキャンセルできるので、ダメなら返品すれば良いのだから。

ネットの速さ

一番早いのが当たり前だが、FTTH(オール光ケーブル)である。これは速度は安定している。
次は、住棟内LANかVDSLなのだが、どちらも 「みんなで使えば遅くなる。」という事になるので一概にどちら?とは言えないのである。

「夜9時以降は、かなり遅くなりる。みんな一斉に使うから!」なんて話もある。

時にはYouTubeなどの動画も厳しい時もあるというが、これも団地によるのではないか?

インターネットを使わない人が多ければ問題ないし、住んでいる人の年代も関係あるし運次第である。

JCOMなどのCATVは遅い!

これはワシが使って感じたことです。前にAU光で次にJCOMを使ったら、その差は歴然!

動画を見るとよくわかる。動画がグルグルして時間がかかる。見るのがだるくなる。なので最近は動画を見なくなってきた。

FTTHとVDSLの団地の人

住棟内LANケーブル方式よりUR賃貸ではこの2つが一番多い方式です。

FTTHとVDSLは2つの会社が運営していて回線も別々に引き込まれているのだ。

  • K:KDDI㈱ スマホの会社auですね。
  • N:東日本電信電話㈱ NTTでフレッツ光が有名だなぁ。

2種類あるけれど、FTTHは、ほとんどがNTTのフレッツ光なのです。

auのスマホを使っているのならauがいいな、ワシもauを使っていたが、かなりスマホ代が割引されたなぁ。

FTTHとVDSLの差は、遅いか早いかの差である。値段などは変わらないと思うがそれも各自確認しなければいけないな。

フレッツ光

わかっている人も多いと思うのだが、URの案内を鵜呑みにして申し込むと大損するぞィ!

URのサイトに案内しているフレッツ光は基本的なNTT東日本のサイトを案内している。

なんにもおまけが無いではないか!今時これに申し込んだら大損である。

特に高齢者は、そのまま申し込む人もいる。Σ(゚д゚;)
これは教えてやらんといけないなぁ、もったいないからね。

フレッツ光は、かなり種類が多い。

これもNTTの営業戦略なのでしょうがないのだけどね。そのおかげで安くなるしね。

ワシなんか、料金の説明を聞いても途中でわからなくなる。スマホもわかんないけどね。

スマホと同じネットに申し込むのが一般的

一般的にお得に使いたいのなら自分の契約しているスマホと同じ会社にする事です。

AUのスマホを使っているんならAU光、ドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、という具合である。

ワシの家族は、AUなのでAU光をつかっていた。かなりの家族割だったな。

とにかくフレッツ光は、提携している会社が多すぎてキリがないのだ。

URのサイトに書いてある公式サイトは、使用料は変わらないのだがお得じゃない。

住棟内LANケーブル方式のNTT-MEは格安なので問題はない。上記のサイトから申し込みすれば良いのです。

自分のUR団地がKDDIであればau光がURのサイトに案内があるのだけど、これもそのまま申し込みするとお得ではない。これも提携会社がいろいろあるからね。

URは、どこの会社に申し込もうと利益もないし関係ないので、大元のサイトを掲載している。NTT-ME以外は、全く役に立たないな。

相変わらず気のきかない会社だな!少し書いといてあげればいいのにな。「フレッツ光であれば自由に選べます。」とか・・。

こんな所がお役所仕事と言われる原因ではないのだろうか。テレビCM打つ前にいくらでもやる事はあると思う。

URのサイトに書いてあるフレッツ光など、お得ではないので注意する事です。

という事で上記を踏まえFTTHとVDSLのフレッツ光を調べてみた。

こりゃ、気が遠くなる作業だぞィ・・。何社あるのだよ。(;_;) 全部は掲載できないのでこれは!と思うものだけ掲載しました。わかりやすいサイトを集めてみた。

ややこしいので、もう一度説明すると

みんなにわかりやすく!と言うことで若い人にはくどいかもしれませんがご勘弁ください。

FTTHとVDSLも光ケーブルを使ってます。

VDSLは、通信基地から住棟まで光ケーブル、そこからは既存の電話線。(みんなで使えば遅くなる。)
フレッツ光とau光が入っています。フレッツ光の方が多いです。

FTTHは、通信基地から住棟まで光ケーブル、そこから住宅までも光ケーブル、オール光なので速度が安定して速いのです。

URは、オール光はフレッツ光と思って良いです。(※東京では豊島区 ヴァンガードタワー にau光が入っているだけです。)

スマホ料金割引以外のお得なサービス一覧

いろいろ調べた結果、下記のサービスが目に付いた。

  • キャッシュバック、1ヶ月後、普通は2ヶ月後に振込まれる。
  • 初期費用(工事費)・登録料無料
  • 追加で頼む、電話などの諸費用無料
  • 違約金保証、前の契約を解除する事による違約金を出してくれる。
  • プレステやテレビ、パソコンなどをプレゼント

どこも同じなのだが、最大!という言葉がキャッシュバックの前に付いている。
それも小さい字で、まあ仕方ない商売だから。

月額使用料をキャッシュバックを差し引いて明記してある。
これも目立つなぁ。すぐわかるけどね。書き方をみんな共通にしてくれればいいのになぁ。

ドコモのスマホの方※意外と会社が少ないなぁ。

ブロバイダー会社の順番は、特に意識はしていません。作業順です。(^。^)
目安にして下さい。

フレッツ光の基本の料金

これがわかんないと比べようがないからね。

フレッツ光の基本の料金である。これと比べるとわかりやすいと思う。これはAU・ソフトバンクも共通です。スマホの料金割引以外にもキャッシュバックや初期費用無料など。比べてみてください。

同じドコモ(フレッツ)でサービスが良い会社




ドコモは、殿様商売なのかキャッシュバックが甘いな!他社に比べてキャッシュバック安いぞぃ!ドコモおなじようなもんだ!き・決まったぞィ♪ m(_ _)m




ここは、早い!しかも大手である。ドコモの携帯料金が毎月いくらまかるか直ぐにわかる。こりゃ便利だな。

GMOは、v6プラスを採用している。

v6プラスとは、NTT東西のフレッツ光回線において提供されるIPv6 IPoEのネイティブ接続方式に加えてIPv4 over IPv6の通信方式を利用可能にするサービスです。みんな使っても、速度が遅くならず安定している。
やたら早い!けどプレステ4は使えない。たまに見る程度なら必要ないです。

スマホ代割引最大5,500円割引はどんな場合?

ドコモを15年以上利用している方で月に25,000円もかかるウルトラシェアパック100という人の話である。そんな人はなかなかいないぞぃ。まあ、どこもこんなもんだな。スマホ代割引は、おまけだからなぁ。

auのスマホの方※調べるのに一番厄介である。

au光は、VDSLがほとんどです。FTTH(オール光ケーブル)は東京で1つしかないからね。

au光のFTTH(オール光ケーブル)とVDSL

auのFTTH(オール光ケーブル)は、東京で言えば豊島区のヴァンガードタワーくらいです。これから増えるかもしれないけれど。
VDSL方式でau光が回線してある団地ならauのスマホを割引で使うことができます。これが一般的です。

au光の基本の料金

これはURのサイトにあるau公式サイトです。

間違えたら嫌なのでまるコピーしたのだが・・。字が小さいなぁ
auの都市機構東日本/西日本 月額料金3,800円、初期費用30,000円、登録料3,000円。

このauのサイトに「都市機構デラックス」 VDSL方式 下り最大100Mbps 上り最大35Mbps

なんてあるがデラックスでも何でもない。ただのVDSLの事である。
遅いVDSLのどこがデラックスなのであろうか?デラックスとは凄い誇大表示だなぁ。
割引などスマホくらいなもんである。たまにキャンペーンで工事費かな。

これもキャッシュバックや初期費用、登録料無料などあるので比べてみてください。

同じau(ADSL)でサービスが良い会社


ここは、現金キャッシュバックしてくれるAUである。金額が高いのはここだな!しかし、あれ入れ、これ入れと条件がある。興味のある人は確認してくだされ。




キャッシュバックは、電話とネット申し込みの場合とネットのみの場合で金額が違うな。どこも似たようなもんだけどね。

フレッツ光(VDSL)の団地でauを割引にするには!

フレッツ光とau光は商売敵だからなぁ。フレッツ光がauを割引なんてしないのであろうな。

でも、auだけ仲間はずれでは困るからな。そんな時はフレッツ光でも「auセット割」のできる会社を選べばいいのである。

これは、auを使っていれば毎月のネット使用料が割引されるシステムなのです。「auスマートバリュー」というのもあるがこれはスマホの使用料が安くなるのです。


DTI光、これ安いなぁ。「auセット割」ワシが感心してどうする。


【So-net 光 】「auスマートバリュー」

ソフトバンクのスマホの方※みんな同じに見えるなぁ。

フレッツ光の基本の料金

これも基本の料金と比べてみるとわかりやすいと思う。キャッシュバックなどをね。

ソフトバンクもサービスが良くなっているな!喜ばしいことだな。

同じソフトバンク(フレッツ)でサービスが良い会社


ソフトバンクは、キャッシュバックの金額が上がったな。去年は24000円であった。




ここは、キャッシュバックが最大70000円である。今のところ一番高いな。2019.1.24現在の話だ。

終わりに

ワシが調べたネット申し込みサイトでも、たまに住むURの住宅によっては、無理な場合もあるという事です。そこは各自で確認して下さい。
また、良い会社があれば追加していく所存である。

分かり安く書いたつもりなのだが・・。

この記事を書く為、協力してくれたみなさんありがとうございました。

こんなのでも少しでも引越し時の手続きの手間を省けるなら嬉しく思います。

花小金井の一言!
花小金井花小金井

近いうちに上記の会社に直接電話して根掘り葉掘り聞いてみるかな。