古い借家の恐怖

私は、10年ほど前 石神井公園に住んでいました。
その家は、昭和33年築の古い家でした。
長島監督が巨人に入団したのと同じ年!カンケイナイ
間取りは、1階に2部屋とキッチン、2階に1部屋
のびた君の家のようでした。

 

そして何年か過ぎ、あるときうちの奥さんが『この家なんか変!』
と言い出しました。私は『何が?』で終わりましたが
そのうち『やっぱり変!!』と言い出しました。
なんかあったの?と問いただしたところ

 

二階で寝ていると、下からいびきが聞こえる!
又、私が飲んで帰って寝てるんだろうと思っていたそうですが、その時私は朝帰り!
帰ったときの驚いた顔を覚えています。

 

その他にも、『階段を上る音がした』だとかいっていましたが
まだ私は、『なに寝ぼけてるんだ!』くらいでした。

 

そのうちに私にもわかるようになってきました。
夜私が1階にいたときに2階で物凄い音が!ドンドン・ガンガンすごい音です。
2階でなにやってんだ!それにしても、5種類くらいの音がするのでおかしいな?
思っていたら 2階から奥さんが『うるさくて寝れない!』と降りてきました。 
私は『えっ!寝てたの!』

 

さすがにちょっと変だぞ!と思い始めました。 
しかし、そんな鈍感な私にも完全にわかるような事が・・・!!!
ある日1人で2階に居ました。奥さんは、実家に帰っていました。
2階でテレビをみていたところ 壁を叩くんです。ドンドンドンとそれも思いっきり!
しかし、その壁の向こうは、外壁じゃないんです!階段なんです!
絶対に誰かいる!そう思いました。

 

10cm向こうで階段の壁をすごい勢いで叩く奴が居るんです!
もうびっくりしたなんてもんじゃないです。 ヒェ〜です。
私は『誰か居るのか!』と廊下に出ました。
そうしたら黒い影のようなものが スッート!!!ウソです。何も居ませんでした。

 

その後は、なぜかでかいごみ袋を持って寝ました。
(捕まえる気でいた!)
それと私が夜、トイレに行こうと1階に下りたところいきなりテレビが大音響とともについたのです!
それも画面は砂嵐!

 

当時は、まだリングはやってなかったので良かったのですが
そんなの見てたら腰が抜けます。真田弘之のようにショック死してます。
貞子状態です!怖〜っ!!!しかし、びっくりした!

 

友人にも話したところ、みんな大喜びです。
なんて奴らだ!と思いながら、『このままいくと一儲けできるかもしんない!』と、わけのわからん事を目論んでいました。

 

しかし、友人の彼女でとんもない子がいて、その子は
みんなでキャンプに行くと暗い夜道で『あの電柱の下に誰かうずくまっている!』なんて事を言うとんでもない子でした。
その事を話すと『人間じゃない動物の霊だよ』ということでした。
だからなんなんだ!何とかせい!

 

私が思うお化けの心理

その1
リラックスしているときにでる。けして構えているときには出ません。
その2
わかるようにやる!けして気のせいではない。
自己主張します。
その3
なぜか電化製品が壊れる!
電気釜が壊れ電球は切れまくる!
その4
家に付くだけではない!
土地に付くと何軒かに影響がある!
その5
びっくりするけど
意外と怖くないです。
--------------------------------------------------------------
話は戻って

たまたま、近所の奥さんと話をしました。
私『この家なんかありました?』
奥さん『出るの?』
と言って青ざめた顔であわてて家の中に入ってしまいました!
だったら面白いんですが(またまたウソです!)

 

でも、私の家の斜め前の家は、有名な離婚住宅なんです。
入ると必ず離婚する 不仲住宅なんですって!何組も離婚したそうです。
あまりにも続くので当時勤めていた会社の社長に相談しました。
そしたら社長が『鬼門の方角に何か置いてないか?』と言いました。

 

確かにその方角は、階段のあがりきったところで何故かドナルドダックが置いてありました。
社長は『そこに塩と水を供えてみれば』とアドバイスしてくれました。
私は初めて『この親父、やるな!』と思いました。
社長が言うとうりに水と塩を供えました。
すると、家が静かになったのです。

 

今までは、夜静かになると『ドタン・ミシ・バキ』などいろいろな音がしていたのに
ピタッと止みました。私たち夫婦は鈍感なので今まで古い家は、こんなもんだ!
と思っていたのですがこれが普通だったのです。
それから数ヶ月が過ぎ引っ越す事になりました。

 

引越しも終盤になり、私は2階にある14インチのテレビを取りに行きました。
すると、テレビが『カタカタ』と音を立ててゆてれいるんです。
最初は、地震かと思いましたが、確かにテレビだけがカタカタと揺れています。
しばらく見ていたのですが、最後の挨拶をしているんだろう。 と思い『じゃあね』と言って
テレビを持って降りていきました。今思うとなんだったのだろう・・・・
ちなみにその家は、もう解体されました。

 

追加

たまにうちの娘がとんでもない事を言うので驚きます。
その話は、気が向いたら書きます。

 

以上、引越しした人、これから引越しする人にとっては聞きたくも無いお話でした。



このページの先頭へ戻る