URの団地は、ネットが遅い?VDSL?

VDSLとは?

UR賃貸住宅のインターネット方式は、VDSLです。VDSLは、光ファイバを建物の共用部に引き込んだあとに専用住戸内LANや既存の電話回線(メタル回線)に接続して各戸に繋ぐ方式です。
しかし、ADSLに比べて高い周波数を利用するために、数百メートルまでの距離を限界としています。

 

光ファイバは、ADSLと比べて距離は関係ないので建物までは障害はないのですが、その後の住戸内LANや電話回線で数十メートルケーブルを通る間にスピードがグッとダウンします。
一戸建ての住宅も基本的に同じなのですが、引き込みからはせいぜい数メートルです。ロスが少ないのです。70〜90Mbpsくらいは速度が出ます。

 

また、マンションなどは、たくさんの世帯で共有するので利用する人が多いければ多いほど速度は落ちていきます。スピードは、下り最大100Mbps、上り40Mbps程度となっていますが、実際は半程度でればいいとこ。という事になります。20くらいか?
このような理由で、URの団地はネットが遅い、遅く感じる!という事になるのです。URだけではなく、民間の集合住宅も同じです。

 

ちなみにADSLとは?

ADSLは、NTT回線収容局との距離がかなり影響します。遠ければ遠いほど遅くなります。
YOUTUBEなんて、いつまでもクルクル回っていて見る気がしないです。
通信速度は下り最大50.5Mbps、上り12.5Mbps程度という事なのですが、そんなに出る事はないです。
というか聞いた事はありません。NTT回線収容局との距離が5km以上あると1ケタ出るくらいです。凄く遅い!

 

古い団地などは後からインターネット設備を追加されているために住戸内LANを引く事が出来ません。
既存の電話回線(メタルケーブル)を使う事になります。比較的新しい団地は、住戸内LANが引かれています。住戸内LAN設備がある方が通信速度は速いようです。

 

いまは、タブレットなどいろんな端末を皆さん持っています。
私も持っています。
電波が届かない所では、AUのデザリングの機能を使うのですが、電池の消耗が激しく使う気になりません。そこでWIMAXなどの端末を持ち歩いています。
今年中には、WIMAX2なんてものが出るようです。WIMAXは、繋がる範囲も広いので、これ1つですべてOKなんて事になるのかもしれません。これ以上に住宅に引き込むタイプは速くなりそうにもありません。
その点、WIMAXなどの高速モバイル通信はまだまだこれからです。


SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る