エアコン用コンセント 100V、200V

エアコン用コンセントについて

通常のエアコンは100Vですね。でも大きな容量になると200Vのエアコンも多いです
プレートの表面に「エアコン用コンセント」と表示してありるのが各戸分電盤から専用回路で電源をとっています。
200Vのエアコンをつけるには分電盤から電源を引っ張ってこなくてはなりません。
模様替え申請が必要です。ちょっと面倒ですね。

 

100VでもURの住宅くらいなら大きな容量のエアコンを使えば大丈夫です。新しい住宅は機密性がいいので少々小さめのエアコンでも大丈夫です。
無理をしてキッチリそのお部屋の広さに合わせることはないと思います。200Vのエアコンとは前の住宅で使っていたエアコンが多いのです。

 

今は初めから設置できる住宅も多いです。

照明器具に注意!

照明をつける時、皆さんどうしてますか?
普通は、壁にあるスイッチでON・OFFする。
というのが、一般的ですが、たまに壁にスイッチが無い住宅があります。
チョット古めの住宅ですけれど。

そんな時は、照明器具にスイッチがある器具を選ばないと面倒なことになります。
何もスイッチのない照明器具で、壁にもスイッチがない住宅では
照明が消せない〜!なんて事も。

そんな住宅は昔、よく使っていた照明にひもが付いていてパチパチというやつを選びましょう。
もしくは、今ならリモコン付きなら大丈夫です。

照明器具を設置する場合には、ご確認ください。
壁に照明スイッチの有る・無しを・・・
まあ、大体はありますけれどね。

電気容量の変更

震災以降、節電で電気容量アンペアを落とす人も増えています。
昔と逆ですね。
分電盤に電流制限器が設置されています。通常、30 アンペアまで(40 アンペア化の工事が完了している住宅では40A)変更できます。団地によっては60 アンペアまで変更が可能です。

最近の分電盤はしゃべります。
驚いている人がいます。薄気味が悪い!という事ですが高齢者に多いです。
確かに「電気の使いすぎです!」なんか言われたら驚きます。

浮気していると間違えられた人もいます。
「今女の声がした!」
という感じなのでしょうか?どういう場面でそういうことになるのか。
想像できないですね。
SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る