東京スカイツリー?テレビが映らない?

今年5月に東京タワー(高さ333m)から東京スカイツリー(高さ634m)にテレビの電波発信が変わります。
試験電波なんて事を総務省が行っています。

 

しかし、映らない場所が多いのです。総務省も予想外でしょうね。
東京タワーより背が高い東京スカイツリーですから。電波状況は良いはずです。

 

原因は、単純です。
屋根の上のアンテナはみんな東京タワーに向いていたのですから。
港区と墨田区では方向・角度が違いますね。 
たいした角度が変わらない場所は、大丈夫ですが、ずれ過ぎると映らなくなります。
これを直すには、人海戦術しかないのでしょうね。費用は100億円!
これは、集合住宅も同じです。所帯数が多い分影響も大きいです。

 

東京近郊でテレビに障害がでる家は、何万所帯あるのでしょうか?16万件だそうですが、これからもっと増えそうです。
しかし、そんな事が最初からわからなかったのには驚きですね。
そんなものなんですね。
タワーだけ作って騒いでいますけれど、本業のお仕事がこれでは意味ないです。
東京スカイツリー移行推進センターなんて相談窓口がありあます。

 

これとは別に、高層マンションなどは、地デジはアンテナにつながなくても映る!なんてことも多いです。
逆にアンテナにつなぐとテレビが誤信するようです。映りにくくなります。
高層マンションはアンテナなんて無くても映るところがあるのです。
BSのみアンテナにつないでいるようです。



このページの先頭へ戻る