水漏れの確認の仕方

image004.jpg

 

「なんか最近、水道代が高い!」
という方のための水漏れ確認方法です。

 

まず、家中の水栓を閉めます。
そして、メーターボックス(だいたい玄関の近くにあります。)
の中の水道メーターを探します。蓋を開けてパイロットマークを見ます。
このメーターかなり見にくいので懐中電灯なので明るくして下さい。
この小さいメーターがチロチロ回っていたら水が使用されていると言うことです。
水栓を閉めているのにメーターが回っていると言うことは、どこかで水漏れしています。

 

気になる方は、確認してみて下さい。
ちなみに水漏れの原因は、トイレのロータンクの不具合が多いです。

 

※水道メーターは、各自治体によって色・形などが異なります。

止水栓・水道メーターの事

玄関外側のメーターボックス内に止水栓および水道メーターがあります。
水道は止水栓を開いてご使用ください(止水栓は左に回すと開き、右に回すと閉まります)
途中で堅くなりますので気にせず回して下さい。かなり回りますよ。
漏水したときや長期不在の場合は、この止水栓を閉めてください。

メーターボックスがお隣さんと共用な場合があります。
間違えて隣の止水栓を閉めないように!
最下階の住宅の場合は、立て系統全部閉まる止水栓もメーターボックスに設置している事がありますので注意しましょう。
そんなものを閉めたら、あなたの住宅から最上階の住宅まで水が止まってしまいます。後で怒られます。

よくメーターボックスを物置代わりに使っている人がいます。
メーターボックスには、水道・ガス・電気のメーターが設置してありますので検針員の人が困ってしまいます。
そんな事知らん!という人にはなにも言いませんが。

※カギを隠して置いてある人が多いですが、見る人が見るとすぐわかりますよ。(私の事?)
※バルブを閉めるいたずらも多いです。水が出ない時は、まず確認しましょう。

このページの先頭へ戻る