火災報知器設置の効果

URでも設置が進んでいる火災報知器です。かなり効果があるということを聞きました。

 

その種類について
簡単に言うと住宅用火災警報器は「煙式」があります。
住宅用火災警報器は、煙式と熱式の2種類がありますが、煙式は火災の発生時、初期段階で能力を発揮します。熱式は台所など火を使うところに設置します。

 

その結果!
火災死者数が大幅減 12月〜1月 住警器普及効果か(2010年2月28日、東京新聞)
東京都での住宅用火災警報器の普及率は、05年の15%から09年には66%と4倍以上に伸びているほか、火災警報器の警報音により被害が抑えられたケースも05年の4件から09年には83件と約20倍に増えています。火災警報器の普及による被害の抑制は、米国や英国の例をとっても効果が実証されているものであり、国内での普及による大幅な減少が期待されます。

 

オー!効果あるじゃないですか
しかし、この報知器誤作動も多いのです。(まあ、動かないよりはましですが・・。)
ご自分の都合などでまだ設置していないお宅はお早めに。ちなみに我が家にはまだ設置しておりません。

 

追加

この火災報知機のおかげで小火で済んだ!なんて話を良く聞きます。ほとんどが台所の家事です。
これも高齢者に多いですね・


このページの先頭へ戻る