ガスコンロの幅と奥行き(リニューアル住宅の場合)

 

内覧の時に皆さんカーテン・家具等の寸法は測るのですが、忘れがちなのがガスコンロの寸法です。
ガス台の横幅は、600mmです。 59.5mmくらいのガスコンロが置くことが出来ます。
しかし、皆さん奥行きを計る事を忘れる方多いです。

 

コンロ台の後ろには、ガスコックがありじゃまです。
コンロ台自体は、奥行き 520mmくらいありますが、ガスコックの部分を差し引くと・・
430mmくらいしかありません。

 

3口のコンロは、置いている人は見かけません。

 

ただ、ガスコンロの脚は、少し奥に付いているので少し大きめの物も置けます。
その場合、少しコンロが前に出てきますけれど・・・。

 

板など引いて大きなコンロは、置かないで下さい。
前に出すぎて、ぶっかって鍋がひっくり返ったら大変危険です。
ただでも狭いキッチンなのですから。

 

設置できるガスコンロの大きさ(リーニューアル住宅)
・横幅   95.5mm くらい
・奥行き  430mm くらい

 

この数値は、参考程度にして下さいね。

 

それより内覧の時に計り忘れないことですね。

ガスコンロ 13Aと12Aの違いは?

新規でガスコンロを購入するときにお店の方から
「プロパンガスですか?都市ガスですか?」
なんて聞かれることがあります。

都市ガスとプロパンくらいはわかるでしょうが
(東京都のURは、都市ガスです。)

「12Aと13Aどちらですか?」
なんて言われるとなんだかわからない場合が多いです。

ガスの種類には
5A・5B ・5C ・6C ・12A・13A  などなど
5・6・12・13などの数字は、熱量のことを言います。
A・B・Cなどは、燃焼速度のことです。

ほとんどが12Aか13Aです。
13Aのガスに12Aの器具を付けると・・・・。

「ドッカーン!!!」

とは、なりませんのでご安心を!火力が変わる程度です。
ほとんどわかりません。

ちなみに東京ガスは、13Aです。
SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る