シングルレバー水栓の不思議?

 

一昔前は、水栓といえばひねると出る!でしたが今は、上下で止水しますね。
通常は、下げると止まる!上げると出る!が一般です。
これは、今の基準になっています。

 

昔は、決まっていなかったのですが。関西の震災のときに水栓の上から物が落ってきて
レバーにあたって水が出っぱなし、ということがかなりあったようです。
マンション中水浸し。ということになりました。留守の家などどうにもなりませんしね。
そうだメーターのバルブを閉めればいいのだ。なんてそんな緊急時に思いつかないでしょう。

 

それからというもの、水栓は関西の震災の教訓を生かし、上げたら出る!ということになったようです。
ここまでは、良いのですがその名残が今も残っています。
それは、台所は下げると止まるのですが、洗面化粧台の水栓は、上げたら止まる!
非常に厄介なことになりますね。使いにくいです。要するに、水栓によって逆になるんです。

 

たま〜にあります。そんな住宅!
まだまだ使える洗面化粧台を取り替えるのは勿体無いですからね。
最近は、取り替えているようですが。細かい事ですが、そのへんもチェックしましょうね!
言えば取り替えてくれるかも。です。

 

やはり水栓は昔ながらのひねれば出る。と言うのがいいのです。なんてね。



このページの先頭へ戻る