部屋の広さ・間取り図のヒント!

首都圏不動産公正取引協議会の、不動産広告ルールでは
1畳=1.62m2と決められていています。
しかし、m2表示では、なんかわかりにくいです。

 

そんな時は、全体の平米数を(1.62)で割れば、全体の畳数がでます。
例えば18平米(m2)のお部屋
18÷1.62=約11畳です。  
部屋の広さがだいたいわかってきますね。
※平米にはベランダ・バルコニーは含みません

 

この前、ベランダとバルコニーの違いがわけわからなくなったのでおさらいします。
(私の為のおさらいです。)

 

ベランダとは

ベランダとは、外に張り出した縁のことで、屋根のあるもの。物干し場です。

 

バルコニーとは

バルコニーとは、室外に張り出した屋根のない手すり付きの台。ほとんどが下の階の屋根の上の部分。あんまり使い道が無いです。明り取りくらいでしょうか

 

よくURの住宅に3LDK+Sがあります。

S(サービスルーム)とは

建築基準法では、床面積の7分の1以上の開口部(窓)がないと、居室扱いが出来無い事になっています。北側の部屋に多く見受けられます。
ほとんどの人が物置や寝るだけのお部屋です。あとは旦那の部屋とかですね。


このページの先頭へ戻る