乾燥した季節は、洗面所が排水の匂いで臭くなる。

なんか洗面所が臭い!排水の匂いがする。
この前までは、そんなことなかったのに・・。
大体、洗面化粧台が匂う!様な気がします。
でも、それは間違いです。
この匂いは、洗濯パンの排水口から匂うことがほとんどです。

 

 

臭いので換気扇を回すと、ますます臭くなります。
特にというかほとんどドラム式の乾燥機付きの洗濯機です。
これは、乾燥機を使うと排水ホースから暖かい排気が放出されるからです。
この排気によって洗濯パンの封水が切れて嫌な排水の匂いが逆流してくるのです。

 

この話は、昔からあるのですが最新式でもあまり変わらないのですね。
メーカーさんも、衣類の乾燥が終わると、少し水を流す仕組みになっているのですがそんなのではこの乾燥した季節には歯が立ちません。
その他にもいといと改善策を洗濯機に施しているようですが(水冷除湿)完全に封水切れをおこさないようには出来ていません。

 

一番手っ取り早いのが、コップで洗濯パンの排水溝に水を入れることです。
別に入れすぎても排水するだけなので500mlくらいもあれば十分です。
期間は3日に1回くらいで良いと思います。
乾燥した季節の一時的な事なのでそのほうが早いです。

 

ちなみに、乾燥した季節でなくても住み方によっては起こります。

 

  • 単身であまり洗濯をしない人。
  • 家を空けることが多い人等。

 

封水切れとは?

排水管(トラップ)に水をためることによって排水管内の臭い匂いが戻らない機能のこと。
洗面化粧台下の排水管のS時に曲がった部分に水が入っています。水量なんか少ないですね。
この水で匂いの逆流を抑えます。
トイレにたまっている水もその効果があります。
それ以外にも害虫なども侵入出来ない。
ということで、あまり水を使わないと封水の水が乾燥して嫌なにおいがします。
長く旅行に行って部屋に入ると嫌なにおいがする。そんな経験ありませんか?

 

この洗濯機。乾燥も出来て便利なのですがこんな事も起こります。



このページの先頭へ戻る