恐怖のメーター取替

「電気メーターが取り替えられません!」

 

と東京電力から連絡がありました。

 

「どうしたんですか?」

 

「お客さんが許可してくれないんです。」

 

「分かりましたこちらから連絡してみます。」

 

というわけで居住者に連絡しました。
奥さんが出たのですが、はっきり言ってなにを言っているか分かりません。
しかし、電気メーターは計量法で10年に一度取り替えなければなりません。

 

何度か連絡をした後、しかたないのでご主人に理由を説明して、
ご主人が在宅時に伺う事にしました。
そして、当日 電気屋さんと其のお宅に伺いました。
すると、奥さんが出てきて、大騒ぎです。
なにを言ってるか全然わからないのです。
たしか、オウムがなんやらかんやら言っておりました。
完全にクレイジーです。

 

こりゃやばい!と逃げ腰になっていたところ、ご主人が出てきて
「今のうちにやって下さい!」
と荒れ狂う奥さんを羽交い絞めにし、ご主人が奥さんを部屋の中に引きずり込みました。
今だ!
メーターの取替え作業を進めました。
中からは、わめき声が・・・・

 

「エクソシストかドラキュラ退治に来たのか!」
ご主人の捨て身の協力のおかげで無事作業が終わり撤退しました。

 

が 後ろから、怒鳴り声が!

 

振り返ると、そのの女性がわめきなが、それも裸足で手には傘を振り上げ追いかけてきました。
ご主人が力尽きてしまったのです。

 

一目散に逃げたのは、言うまでもございません。

 

その後、ご主人がどうなったかは知る由もございません。



このページの先頭へ戻る