ウインチェスター兄弟

URとは、全く関係のない話です。

 

前のことである。

 

うちの下の娘から携帯に電話があった。

 

「お父さん 怖ーい!ふすまをガンガン叩く奴がいる!」

 

「なんだそりゃ?だれかいるの?」

 

「誰もいない!」

 

「どこのふすまだ!」

 

「リビングと和室の間のふすま!」

 

飼っている犬が猛然とふすまに向かって吠えている。

 

これは、ただ事ではない。

 

数々の怪奇現象に遭遇している私にはわかるのだ!

 

ウインチェスター兄弟に変身して自宅に直行!
(海外ドラマのスーパーナチュラルのファンである)

 

ハンターと化した私は迷わず和室に!
何もいない!いたら困るのである。

 

このふすまかなり重いふすまなのである。
こんなものをガンガン叩くとは自然ではないし風なんか関係ない。

 

犬はしばらく吠えつづけ少し経つとその場で寝ほうけてしまったそうだ。
少しは役に立つのである。

 

不思議なことがあるものだ、これを書いている後ろにそのふすまがある。
きっと、とうりすがりの何かだろう。

 

でも、おばけや幽霊といったものはなぜか信じてはいない。

 

これは、もっと昔の話

うちの上の娘が学校から帰るときに大きなガラス張りのお店がある。
その前を通ったとき、ガラスを見ると「昔の人の格好をした男の人が後ろにいる」
なんてことを言っていた。

 

なんだそりゃ。和服か・・・。
でも、誰もいないそうだ。

 

お盆に田舎に帰ったときに仏壇の写真を見た娘が「この前この人が後ろにいた!」

 

出来過ぎだろう! 

 

また、違うお話

横断歩道で信号を待っているとき
黒い大きいバンが止まった。

 

すると
「怖い顔をしたお姉さんが車の横に写ってる!こっちをにらんでる!」

 

これは、怖かった。
確かに晴れた日なので車のボディがミラー状態であった。
私が見たときには車は走り去っていた。
しかし、私も視線は感じていた。
子供の手前いちいち言わなかったのである。

 

最近はそんなことはないのでホッとしている今日このごろである。

 

でも、オバケや幽霊は信じてはいない。
そんな事を信じたら怖いじゃないか〜。

 

私の場合
私は古い空き室に入ると
「この部屋なんか嫌だなぁ」と思うことがある。
たまに玄関に入らなくても分かることがある。
後で聞いてみるとほとんどが何かあった部屋である。
すごい能力だ!悪魔の実を食べた能力者である。

 

しかし、パチンコ屋さんではその能力はまったく発揮されないのであった。


このページの先頭へ戻る