シーリアお台場3番街?死体損壊事件

3日午後7時半ごろ、東京都港区台場のマンション一室で、20代のフィリピン人女性が
出勤してこないのを不審に思った同居の同僚女性(20)が、室内で紙袋の中に入った
肉片を見つけ、近くの交番に届け出た。肉片は切断された人間の腰部とみられ、
警視庁捜査1課と東京湾岸署は死体損壊事件として捜査している。


同僚の女性が部屋に戻った際、フィリピン人女性の姿はなかった。
同居していた日本人とみられる中年男性が室内にいたが、その後、
所在が分からなくなっており、同課は何らかの事情を知っているとみて行方を追っている。
<時事通信>

朝、ニュースを見たらびっくりです!


出窓の中で、とんでもないことが!
数年後に事故住宅になり、格安で貸し出されると思うのですがさすがに・・・
ご冥福をお祈りいたします。



このページの先頭へ戻る