模様替え願

最近はいろんな模様替え願いがあります。
住戸内の家具の配置換えやテレビの接続等は、ここでいう模様替えにあたりませんが、例えばエアコンを設置するために壁にスリーブを開ける等の改装や造作を行う際には、都市機構の承諾が必要になります。
いろいろ基準があるので問い合わせたほうが無難です。
たいていは認めてくれます。退去時の原状回復がありますけれどね。

 

一番多いのが、ウォッレットと食洗機です。ちなみにウォッレットは退去時残しても問題ありません。
今時、ウォッレットを付けるのに書類が必要とは・・。
面倒なのでやめにしませんか?
食洗機は台所の水栓の型番が必要になります。(専用のアダプターがいるからです。)

 

浄水器は蛇口の先につけるタイプはいいのですが
配管の途中に取り付けるタイプの浄水器は難しいでしょう。
たまに配管を切断して取り付けなんて浄水器もあります。

 

最近は、エアコンの200V化なんて模様替えもあります。
電磁調理器を使いたい!と言う事も多いです。
電源を別回路にしなくてはいけません。
特に高齢者の方が多いです。その方が安全ですからね。

 

ホンネとポイント
この届出は、提出する事が一番多いでしょう。しかし、ウォッレットと食洗機なんかでいちいち書類を出すのはどうかと思います。いまどき当たり前の設備背ですから


このページの先頭へ戻る