知って納得?共益費

共益費って何だ?
まず、共益費と言う言葉を広辞苑などで引いてみると
「共同住宅等の共用部分の維持の為、世帯ごとに拠出する費用」
と書いてあります。

この共益費と言う言葉は、昭和30年以降、当時の日本住宅公団(現UR)から始まった用語です。
機構との契約は、おもに
  1. 家賃
  2. 敷金
  3. 共益費
と3つの契約内容になっています。 共益費の内容は、共用部分の維持がほとんどです。

例えば

共用部分の清掃(階段や公園・道路等) 給水施設の維持(給水ポンプ・受水槽等)
造園の管理(芝生・花壇等)
などいろいろありますね。

たまに下階に住んでいる人がエレベーターを使わないのに共益費だけ払うのは不公平だ。
という言葉を耳にします。
しかし、機構ではエレベーター費用は、家賃に含まれ共益費は使っていません。
共益費では、エレベーターの防犯カメラの保守点検費は含まれています。

その他に同じ敷地内に高層棟や低層棟が存在する団地があります。
団地によって高層棟、低層棟で共益費が違う!もしくは、同じ!と言う場合があります。
ぱっと見は、何で?と思います。
同じだったり、違ったりと統一性がありません。 なんでだ!?

これは、その団地の給水施設の方式によって変わってくるのです。

低層住宅、高層住宅を1つの給水施設でまかなっている場合は、共益費は、どこも同じです。
高層棟、低層棟で給水施設が違う場合は、公益費は、給水施設がまかなう住棟によって違ってきます。給水施設のポンプは、能力によってランニングコストが違います。
受水槽の有・無しによっても費用が違ってきます。(受水槽清掃など)

このように共益費は、とても難しいのです。
これ以上書くとボロが出るのでこのへんで・・・

UR賃貸の共益費高い?

家賃とともに毎月払うものに、共益費があります。
共益費は、契約書に記載しているように、団地内の階段灯などの電気料、散水栓の水道料、ゴミの処理費、給水施設などの諸施設の維持運営費、共用部分の清掃費、芝生や樹木などの手入れの費用、その他居住者の共通の利益を図るために要する費用に使われます。


都市機構の共益費に関する説明ですが、その他に警備員がいる団地はその費用・年一回行われる排水管の清掃費が含まれます。
共益費が安い郊外のの団地は、排水管の清掃を2年に1回というところもあります。使い方はどの団地でも同じなので詰まることは同じです。

何とかならないものなのでしょうか?お金が足りないというのが理由です。共益費もその分安いのでしょうがないのですけれどね。共益費はが1万円以上はざらにあります。

ちょっと、高いです。
ちなみに共益費NO1は、河田町コンフォガーデンの13200円です。
分譲マンションでも修繕の積み立て込みで2万6000円です。(私の友人の場合)
賃貸で1万円を超えるとは?考えられません。見直しがかかりそうですけれどね!


ホンネとポイント
住宅を選ぶ場合も共益費を考慮しましょう。共益費は、高くても5000円位にしてほしいですね。無理ですけれど・・・。見直しがかかったようです。安くなりました。


このページの先頭へ戻る