家賃を滞納すると

「URの家賃等の支払いを3 か月以上延滞すると、都市機構は賃貸借契約にもとづき居住者との契約を解除し、直ちに住宅の明渡しを求めることになります。」ということです。

 

とありますが、では1ヶ月・2ヶ月なら大丈夫?
なんとも言えませんが、度重なる家賃の延滞は、URから通知がきます。
しかし、1・2ケ月で退去させられたという話はなかなか聞きません。
高齢者など年金で生活している方は、年金支給が2ヶ月に1回ですしねぇ。

 

URの家賃滞納は、多いです。
低家賃、高家賃に関わらずに多いです。
個人の大家さんではないので、チョット待ってくれは、通用しません。

 

家賃をためると滞納督促状が来ます。

 

3ヶ月を過ぎると裁判所から通知が来ます。
裁判にこなかった場合・負けた場合は強制退去です。
強制退去とは、裁判所の執行官が来て鍵を変えてしまいます。
もう、住宅には入れません。
その時に子供が学校から帰ってきて家に入れないと泣いていたという話も聞きました。
カワイソウニ 

 

裁判で和解した場合は、家賃返済計画書?を提出しそのまま居住できます。
(大体が和解します。)
その時に、今後1ヶ月でも家賃を滞納したら退去する事を書面で契約します。

 

大まかには、こんな感じです。
はじめての場合はこんなストーリーにはならないと思いますけれど、これからは厳しくなるかもしれません
なんせURは平成26年度から株式になるのですから。《政権が変わったのでまだわからん》

 

ホンネとポイント
住宅の明渡しが完了するまでの間、不法居住となり家賃等の1.5 倍の金額を賠償金として支払うことになります。
ますますお金に困ることになる。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る