収入が無くても貯蓄があれば入居できます

世の中お金があればなんとかなります。
高齢者社会なのでこういったことも必要でしょうね。
お金を持っている高齢者多いですからね。そうしないと働いている人しかURには入居できないということになります。
逆に言うと貧乏人はURには住めないということです。
私も都心のURなんか住めません。家賃を10万円以上なんか払えませんし、預金も1000万円なんか無いですからね。

 

URに入居しやすくなるよう、継続的な収入が基準に満たない方でも、一定額以上の貯蓄(基準貯蓄額)があれば入居できる制度です。

 

基準貯蓄額 月家賃のなんと100倍の金額
金融機関は銀行や郵便局です。
発行後7日以内の金融機関等発行の残高証明書が必要になります。
どこかで一時的に借りてきてなんとか!まあ、それでも大丈夫ですけれどね。
そんな金額を借りられるということは、かなり信用がある人ですから。

 

家賃の100倍とは!すごい金額ですね〜。家賃10万円だと1000万円ですよ。預金額は実際は2週間も残高があれば良いようです。世の中お金しだいですねぇ。

 

ホンネとポイント
この制度、良いような悪いような・・。
そんなことを言うには理由があります。そのことはまた今度ということにします。



このページの先頭へ戻る