UR賃貸の修繕について

長年すんでいるとあちこちが壊れてきます。そんな時どうするの?費用は?どちらが持つの?そんなお話です。

UR賃貸の修繕について記事一覧

修理負担細目がようやく変更になりました。ラウンジ(機関紙)に書いてあります。修理細目通知とは、契約時に交わした書類の1つです。なんだそりゃ?と思う方は契約した時の書類を確認してください。あなたが捺印した書類なのです。要するに住宅の修繕費用負担について細かく書かれたものです。こっちは大家負担!こっちは居住者負担!お部屋のパーツによって違います。昔から言われたことなのですがやっと!という感じです。変更...
住んでいるといろいろなものに修繕が必要になります。修繕は大家負担とお思いの方も多くおられるでしょうがURにはUR負担と居住者負担があります。契約時に修理細目通知という書類を提出します。それをあなたと機構で一部ずつ保管します。この修理細目通知には具体的に居住者負担部分が明記してあります。畳の取替え・水栓・コンセントなど、機構負担は修理負担細目に明記されていない部分になります。入居時にもれえる「住まい...
トイレ・流しのつまりなど 夜中に起こってしまったら困ってしまいます。通常は時間外緊急事故受付センターに電話すればよいのですが慌てて民間の○○○アンなどに連絡してしまう方が多々います。通常の居住者負担の修理にも言えることなのですが民間業者と指定の工事店どちらがいいの?(安いの?)ズバリ言うと、機構の指定の工事店の方が安い事が多いです。よくCMで宣伝している値段では、済まない事の方が多いですね。修理費...

このページの先頭へ戻る