私が思うUR賃貸住宅のメリット・デメリット

一見メリットが目立つUR賃貸住宅ですけれど
私が思うメリット・デメリットです。
良いことも多いですけれど悪いことも多いUR賃貸でございます。
気が付いたこと。制度が変わったこと。対応できた事など随時追加いたします。
これからは、近隣トラブルの対応をちゃんとしないと大変なことになると思います。

 

メリット

  • 民間賃貸に比べ、専有面積が広い。
  • 敷金3か月のみで礼金なし。
  • 修繕内容が明確で、退去時の敷金返還でもめることが少なく安心。
  • 敷地内駐車場の設置が民間に比べて多い。
  • 二年ごとの契約更改料なし。
  • 緑地が多く住環境が良い。(子育てにむいている)
  • 保証人がいらないので気楽。
  • ちょっとやそっとでは、退去させられない。
  • 管理体制がしっかりしている。(細分化している)
  • 最近は、高齢化問題にも着手している。
  • 自治会がやたらにしっかりしている。
  • 住戸内改修 (間取り変更など)が出来る。(賃貸では機構だけです。)
  • 健康であれば、年齢は関係なく入居できる。(民間は60歳超えると断られるケースが多いです)

デメリッ

  • 家賃が高め。
  • 住宅の修繕は、居住者負担もある。(かなり改正されました。)
  • 更新料は無いが、3年ごとに家賃改正がある。(下がる場合もある)
  • 年収による入居審査がある。(家賃の何倍の月収が必要)
  • 入居人数で部屋に制限あり(単身者)
  • 古い団地は、高齢者が多い。
  • 駐車場の料金が高い。(特に郊外は、高く感じます)
  • 保証人がいらないのでいろいろな居住者がいる。
  • 融通が民間くらべて利かない。
  • 民営化が近いのか最近やたら工事が多い。
  • 古い団地は、家賃が高く感じる。
  • 近隣トラブルに対してURは、見事に逃げ腰である。特にURの職員は苦情対応は苦手なようです。

その他にも

  • 日曜日がお休み。(管理サービス事務所・管理センター)
  • 賃貸なのにやたら駅から遠い団地がある。
  • 入居時内覧が1回しか出来ない。 
  • 緑が多いので虫が多い。(夏場セミがうるさい)関係ないか?スミマセン

 

URに向く人

  • やはり、子育て真っ最中の家庭には、向いています。団地内に幼稚園・病院・スーパーのある団地も多数あり公園も多いです。
  • 収入がある高齢者。たとえば120歳でも健康であれば入居できます。(120歳は大袈裟ですが)
  • お金を持っている高齢者

 

URに向かない人

  • 住環境の関係の無い単身者でしょうか?夜遅く帰って寝るだけの人は、家賃の安い民間の方が良いのでは?
  • 年金暮らしの高齢者(高齢者住宅を除く)年金だけでは、通常の家賃の支 払いは厳しいです。

 

住宅保証人が要らない賃貸契約!

身内にでもいちいち保証人を頼むのは、気が進みませんね。保証人が要らないのは気楽です。しかし、大家にとっては、結構大変な事です。民間大家さんには、絶対にまねできません。保証人がいないという事は、例えば居住者が火事を出した時どうするの?おまけに、居住者がなくなってしまった場合は?巨額な保守費・長期の空家(家賃収入0円)

 

URは保険に入っているから大丈夫!そんなことないです。そんなものには入っていません。家賃の踏み倒しも多いですし、自殺・夜逃げも多いです。いろいろなクレームもつけやすいと思います。お国が絡まないと出来ません。民間大家さんでは、とうてい無理です。

 

ホンネとポイント
保証人がいないと抑止力がなくなります。普通は保証人がいると「何かあったら、あの人に迷惑が行くんじゃないか?と頭によぎります。」それがないのです。家賃滞納もまあいいか!近隣に対しても同じです。今の世の中変な人が多いのです。ちょっと怖い気もします。「保証人がいらない。」聞こえはいいのですがメリットでありデメリットでもあります。

といろいろありますが、ズバリ言うと家賃がもう少しなんとかなれば、
言う事無し!かな?

 

まだまだ、ありますが・・・きりが無いのでこのへんで。



このページの先頭へ戻る