退去費が払えない場合どうする?

最近は、退去費も国交省のガイドライン「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」
によって昔のような事はなくなりました。

 

しかし、便所・洗面化粧台が割れていたり、ガラスの破損・壁の穴等
退去費が発生します。

 

高額になって払えない場合もあります。
そんな時は、機構では、退去費を分割で払える事が出来ます。
それも無利子で!
方法は、退去時に査定の係りの人にその旨を告げ
念書を提出します。

 

内容というと
@移転先の住所
A氏名
B自宅の電話番号
C勤務先
D勤務先の電話番号

 

念書内容:支払いを怠った時は、保険会社に債権を譲渡する等 異議申し立てはしない。
保険会社に債権譲渡!
支払わない場合は、取り立て屋がやってきます。(あたりまえですが)

 

支払い回数:1〜12回(回数は要相談)
月ごとに金額を設定できます。利子はかかりません。
しかし優しい制度です。民間賃貸はこんなことしてくれませんし、必要ありません。
保証人を2人つけろだとか保障会社に加入しなくてはいけない。などがあるのでそんな問題は無いのです。
最近の民間賃貸はやたらうるさいですね。
それでいて民業圧迫とは、自分の利益のことだけしか考えていません。

 

ホンネとポイント
退去する原因は、会社の倒産等いろいろありますから
民間賃貸は、どうなのでしょうか?利子くらいは、付くような気がしますが。優しいですねURは。


このページの先頭へ戻る