空室募集についてみんなが知りたいこと!

空家募集の仕組み

URの空家募集しているところ。
1.インターネット
インターネットの申し込みは誰でも簡単に気ままに予約できる。
その反面キャンセルが多くなる。
2.営業センター(募集がメインのお仕事です。)
高齢者など全ての人がインターネットを見ているわけではないので必要です。
3.現地案内所(全ての団地にあるわけではないです。)
『実際に現地を確認してから決めたい!』当然ですね。インターネットで募集業務を全てやれば営業センター・現地案内所なんていりません。
しかし、上記のようにそう言う訳にはいきませんね。

 

もし、あなたが現地案内所・営業センターに行って空家が何にも無かったらどうしますか?
せっかく足を運んで行ったのに空家が無い!
そんな事を年中続いていたら現地案内所・営業センターの意味がありません。
そんな訳でせっかく来てくれた人の為にインターネットに掲載されていない空家を確保しています。
それに、現地に実際に行く人は、契約率も高いです。

 

インターネットには、人気のある住宅・空家のあまり出ない住宅は、現地案内所専用として
インターネットに公開されません。
ネットでは、人件費もかかりませんし、経費なんてたかが知れています。
本気の方は、営業センター・現地案内所に問い合わせを!
気に入った住宅に現地案内所がある場合は、直接いってみましょう。
どこの現地案内所であっても違う(団地)住宅も紹介してくれます。

 

通常は、空家が出た場合、退去届がでて空家の改修工事の設定をしたら翌日には、
インターネットに公開されます。(時間は、やはり午前中でしょうか?)
その他は、きまってはいないと思います。(そんなことは誰に聞いてもわかりません)
空家がある可能性の高い順番は

  1. 現地案内所
  2. 営業センター
  3. インターネット

ホンネとポイント
現在、空家情報としては、これが全てです。 今でも同じですね。(2012年9月)

よく巷で言うわたしの体験談!などのいい加減な話ではありません。


このページの先頭へ戻る