お部屋選びのヒント!

お部屋選びの基本は、ご自分が気に入ったタイプが一番です。
同じタイプでいくつか空家がある場合は、選ぶのに困ってしまいます。
よく皆さんが選ぶタイプは、最上階の妻側(端の部屋)を好まれますね。


日当たりが良く上と横に住戸がない分、気を使わないで済むと言うのが理由ですが
実際その通りです。でも私は選びません。
しかし、気をつけなければいけない事は廻りに住戸がなので結露が発生しやすいのです。
妻側は、風が建物にあたり外壁を冷やし部屋との温度差が生し結露が発生します。
クロスはカビが発生しそのうち剥がれてきます。

通常北側の部屋に発生しますが最上階の妻側の東面・なんと南面も結露しているのを
見たこともあります。
自然現象なのでしょうがないですがURは結露しやすいです。

募集パンフを良く見るとエレベーターの横の住戸・受水槽機械室の上の住戸は、
家賃が少しお安くなっています。
パンフには、騒音が発生する場合がある、と書かれています。
音に敏感な方・ご高齢で眠りが浅い方にはおすすめ出来ません。

受水槽機械室には、給水ポンプがあります。
騒音の発生源としてポンプの起動音・受水槽への注水音などがありますが、
これは水を皆さんが一斉に使う時にポンプが給水し、受水槽の水が減り注水されます。 
水が一番使われるのは、夕食時です時間で言えば18時から23時頃までです。
夜中にポンプが起動することは、ほとんどありません。
音を気にされない方には良いかも知れません。
私は、気にしませんが!

駅まで自転車でという方は、駐輪場も確認しましょう。料金・空きなど、平気で半年待ち!
なんて良くある事です。そういう場合は、月極では無く日払いしかないですね。
かく言う私も、毎日100円払ってました。市によって違うのですがうちの市は、やたら高いです。

忘れがちなのが携帯電話です。最近は、NTTの電話を使わず携帯電話のみという人も増えています。
タワー型住宅など高層住宅は、携帯の集合アンテナがAUしかないという住宅もあります。
郊外の団地も携帯電話が通話しにくい所もあります。
(棟によってちがう場合もあります。)ぜひ携帯電話の電波の確認をして下さい。


ホンネとポイント
UR以外でも都営・公社等も同じですけれども・・・。

SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る