団地に行ってまず!

団地にはいろんな人が住んでいます。
子供のいるファミリーや単身者・高齢者など・・・。
まず、団地に行って簡単にわかる事は居住者の年齢層です。

 

建物ばかりではなく団地内にスーパーがある場合はちょっと覗いてみてください。

 

その団地の居住者の年齢層がわかりますね。
例えば高齢者が多い団地に子供のいるファミリーが住むと・・・。
生活のリズム(時間帯)がまったく違います。

 

高齢者は、だいたいの人は、夜10時には寝てしまいます。
早い人は、9時だとか・・。
ウチの母親も10時には寝ています。
(母は70歳過ぎています。)

 

かわって、子供のいるファミリー!
今時の子供は、かなり遅い時間まで起きています。
私なんか子供のころ9時には寝なさい!なんて言われていましたけれどね。

 

また、高齢者は、眠りが浅いのです。すぐ起きてしまいます。
特に古い団地は、音が響きます。
都心ではない古い団地は周りがやたら静かなので騒音もよけい気になります。

 

そんな感じで、高齢者が多い団地に子連れのファミリーはあまり向かないのです。
まだ、単身者のほうがいいですね。
トラブルの元になる可能性が高いのです。(騒音問題)
当たり前ですが高齢者は高齢者、ファミリーはファミリーというようにまとまった方が良いですね。

ホンネとポイント
千葉や埼玉などの周りの静かな古い団地を選ぶ予定の方は、少し気にしておいてください。


SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る