タワーマンションのデメリットと南向きと収納で夫婦喧嘩

さっき、やほうジャパンを見てたら、いい記事があったので速攻でまとめてみました。

 

タワーマンションのデメリット

  • 窓を開けられなくて洗濯物が干せない。
  • 朝の時間はエレベーター待ちがある。
  • 免震構造になっているマンションだと、強風が吹くだけで建物が揺れたりすることもある。
  • 震災時にはエレベーターが使えない。 高層階まで階段で上るのは、だるいです。

 

エレベーターが止まった場合の実験結果があるので参考までに。
・1〜10階
かかった時間:約2分半
歩数:286歩
疲労度:4階くらいまでは軽快に上れたため、この10倍程度なら楽勝! と思いきや、10階直前から一気に汗が噴き出してきた。

 

・11〜20階
かかった時間:約5分
歩数:523歩
疲労度:要した時間は10階までの約2倍。疲労度は比べものにならないくらい増加した。途中から息切れし始め、20階にたどり着いたとき初めて休憩を入れた。
私もこのくらいまでの階段(16階)は登ったことがありますがこれ以上は上る気がしなくてギブアップしました。この人はかなり体力がある方です。
普通の60歳以上は無理!

 

・21〜30階
かかった時間:約8分
歩数:729歩
疲労度:手すりにつかまらないと足が上がらなくなった。
私の場合は12階過ぎ位から手すりを磨いていました。

 

・31〜40階
かかった時間:約16分
歩数:953歩
疲労度:30階でかなり長い休憩を入れ、最後は息も絶え絶えになりながら40階まで到達した。

 

しかし、こんな実験は私には無理です。せいぜい10階くらいですね。
そのときは、ハアハアゼイゼイでした。20階なんか考えられません。
確かに震災の後高層マンションから中層に引っ越しする人も増えたとか・・。

 

南向きについて

タワーマンションの場合周りに障害がないので南向きを選ばなくてもお日様は入ってきます。
確かに南向きのタワーは、暑いです。
機密性も良いし。エアコンが壊れるとえらいことです。
逆に冬はあんまり暖房を使わないよ。なんて人もいますね。

 

間取りで不仲に?

収納不足問題で、夫の所有物が共有スペースにあふれかえっていることを不満に感じている女性が大勢いる。
これは、家の奥さんにも言われます。
「まったく、あなたのガラクタがじゃま!かたずけて!」なんてよく言われます。
こんなことで不仲になはなりませんけどね。


このページの先頭へ戻る