道路沿の住宅選び!

先日、メールをいただいた方からのアドバイスです。
とても、参考になったので記事にしました。

 

この方は、最初道路沿いの騒音を気にされていましたが場所が多摩地区ということもあり
あまり気になされなかったようです。(実際、多摩地区は9時過ぎると車が少ない)

 

「下見のときには気づかなかった問題に、今頃きづいてしまいました。

 

それは排気ガスでした。今、部屋選びをしてしている人たちに参考になれば・・・。

 

窓を開けていても、立って外を眺めたり、部屋の中を
歩き回っているだけではわかりませんでした。
「道路沿いでもぜんぜん気にならないわ」などと
喜んでいました。

 

でも・・・ぜひ、窓を開けて、しばらく床に座ってみてもらいたい。

 

排気ガスは下のほうにたまるらしいので、
窓を開けて座ってみれば、そこで暮らせるかどうかの
判断になるかと思います。

 

「道路沿いですが、大丈夫ですか?」
などと質問があった場合に、その方の参考になれば・・・。」
排気ガスですか・・・・住宅の階数にもよりますがありえるお話です。
真冬・真夏 窓を閉め切る季節は、まだ気にならないと思いますが春・秋の一番いい季節には困りますね。
特に、アレルギー・アトピーなど敏感な方は、お気をつけ下さい。
このような場合、大家は何も出来ません。

 

ホンネとポイント
せっかちな私には、到底思いつかない内容です。しかし、思い当たるふしもあります。前に郊外から都心に引っ越してきた女性が、急にめまい吐き気など異常が起こり、入院したケースがありました。最初は、ホルムアルデヒドと思い対応したのですが一向によくならず医者もお手上げ状態でした。2階の住宅でしたね


このページの先頭へ戻る