リニューアル住宅はどんなもんか?

リーニューアル住宅とは

昭和40〜50年代前半に建てられた団地を対象に内装・設備等を一新している住宅です。
リニューアルには
リニューアルT
リニューアルU
リニューアルV
があります。その違いは?

リニューアルT

リニューアルの中でも一番グレードが良いとされています。
床をフローリング・バリアフリー 建具(扉等)・設備機器を現代のニーズに合わせたものに変更。
例えば、洗面器⇒洗面化粧台・玄関チャイム⇒インターホン 電話回線を2回線まで使用できる
等 U.Vとの一番の違いは、間取り(間仕切り)の変更です。
例えば既存3DKを2LDKに変更してある事です。

リニューアルU

床をフローリング・バリアフリー 建具・設備機器を現代のニーズに合わせたものに変更。
間取り変更 和室を洋室に変更等

リニューアルV

床をフローリング・バリアフリー〔一部) 建具・設備機器を現代のニーズに合わせたものに変更。
改修前住宅とぱっと見あんまり変わりません。

幕天井とは?

全部に共通して、天井は幕天井です。(リニューアルVは一部)
幕天井とは、UR独特の工法で天井部を樹脂製(ゴム製?)の幕で覆います。 施工法は、まず部屋の中を大きなドライヤーのようなもので暖め(40度以上)幕を熱で伸ばしながら張るという特殊な工法です。

幕天井のメリット

上階からの水漏れの場合幕天井の設置してある部屋は、幕に水がたまり水漏れを 防げる。
本当に幕がボヨ〜ンと膨らみます。(まるで水風船のようです)

デメリット

幕なので熱、とがった物の衝撃に弱い。 パンパンに張っていますので鋭利なものに弱いです。 すぐに切れてしまいます。 といっても一気にパーンとはいきませんが!

実際は?

リニューアルと言っても所詮内装を変えただけです。 駆体は変わっていません(床・壁の厚み150mmくらい。現在の住宅は200mmはあります。) 振動・音などは響きます。
リニューアルしていない住宅よりはましですけれど。
過剰な期待は禁物です。
リニューアル住宅改良内容一覧
リニューアル改良内容 リニューアルT リニューアルU リニューアルV
部位 改良項目
居室 和室の洋室化
(一居室のみ洋室化)
床段差の解消
(一部のみ)
床:フローリング
壁:ビニールクロス
家具転倒防止取付用
幅広付鴨居の設置
一階床の断熱性能の向上
天井:幕天井
(一居室のみ)
木製建具の取替
外部サッシのアルミ化
玄関 ドアノブをレバーハンドル化
台所廻り キッチンシステム(流し台、
コンロ台、吊戸棚、シングル
レバー混合水栓、
レンジフード型給湯器)
台所大型機器用
コンセント
浴室廻り 大型浴槽(追焚装置、シャワー
セット、自動お湯張り機能、
リモコンスイッチ付)
手すり
出入り口:アルミ製扉
洗面所廻り 洗面化粧台
( シングルレバー混合水栓 )
洗濯機防水パン
洗濯機小型防水パン

洗濯機小型防水パン
便所廻り 床段差の解消
大型洋風便器に取替え 洋風便器に取替え
コンセントを設置
電気機器
情報化対応
過電流警報装置付分電盤
電気容量 40A 40A 40A
エアコン用インサート・
コンセント
エアコン用スリーブ
電話回線 2回線 1回線 1回線
テレビ・電話端子 各室1箇所 各住居1箇所 各住居
テレビ端子1箇所
インターホンの設置
スイッチの大型化
配管・配線の隠蔽化 露出 露出
※●設備は設置されない住宅があります。
※設備等は、住宅により設置されない場合や再利用されている場合、
数量・タイプ・形式などが異なる場合があります

ホンネとポイント
洗濯機置き場(洗濯パン)が無い住宅がリニューアルT・U・Vに関わらずあります。あると無いとでは、大違いです。
確認しましょう。洗濯機排水の水漏れが多いです。洗濯パンが無い事が大きな理由です。では、どうやって排水するの?大体の住宅が洗濯排水のホースを浴室まで延長して排水します。
シッカリ固定しないと外れます。元々は、なかった設備なのでちょっと無理があります。リニューアル住宅は古い団地です。古い団地には高齢者が多いです。
SPONSORED LINK

このページの先頭へ戻る