大した話ではないのだが、覚えておいて損はない。


団地周りしていると、部屋番号で階段が違うな。

これ結構、面倒なのである。

101号室は・・。どこだぁ。という具合である。

URの場合は、部屋の配置は、一定である。

南のバルコニーから見て、右から101号室である。

北の階段室から見ると左側から101号室である。

大した話ではないのだが、これを知らんと無駄に歩くことになるのだ。

ワシも、これを知らんと仕事にならん。あっ!逆に歩いてしまったぁ。なんて事が多いのだ。

スポンサーリンク

宅急便屋さんもこれは知っているだろうな。

最新の住宅の場合は違う事もあるが、殆ど団地型のURは、配置は変わらないのである。

団地を回る際に覚えておくと、何かと役に立つのである。

UR賃貸と公社や市営住宅の違い。

これも、あんまり関係ない事なのだが、雑学である。

URと公社、やたら似ているな。特に古めの住宅なんかよく似ている。

これ、公社がURの真似しているだけである。

昔、公社の住宅の設計に携わったのだが、かなりコピーしてたぞィ。ワシは元々設計事務所に勤務していたのである。

担当者もなんか、やる気あるんだか無いんだか、なんと担当が組合員で全然会議に出てこないのである。

これは、驚いた!担当者不在で工事が進んでいたのである。おまけになんか演説してるし・・。

そして、UR(当時は公団)で違う物件で打ち合わせをした。公団の担当者の方が数段上だった。

また、話がそれたな!

UR(公団と)公社の団地の簡単な見分け方

公社:団地の横に書いてある棟番号がちょっと斜めで洒落ている。

UR《公団):棟番号が真っ直ぐである。

全然面白くない記事だな!まあ、いいか。