URでは、現在ペット共生住宅が有ります。しかし、残念ながら各団地にあるわけではありません。

最近は、どんどん増えていますね。

平成15年に内閣府が実施した動物愛護に関する世論調査によると、ペットを飼育するのが好きと回答した人は65.5%、嫌いと回答した人は31.7%です。

飼育しているペットの種類について。

  • 犬 62.4%
  • 猫 29.2%
  • 魚類 11.7%
  • 鳥類 7.7%

とペットを飼う人が多くなっています。
かく言う私も、猫・亀・海水魚・金魚などを飼っています。

一般に賃貸のアパートやマンションでは「犬や猫は飼育禁止」とされているところが大半です。

これはペットの鳴き声、ふん尿の悪臭、不衛生な問題などの近隣トラブルの発生を未然に防ぎ、住居環境などの予防のためと考えられます。

しかし、団地内を歩いているとワンちゃんと散歩している人がチラホラ見受けられます。

団地内でも玄関先で泣き声が・・・

近隣の苦情でペットを飼っている居住者の所に注意をしに行くと「友人・知人から短期間預かっています」と答えが返ってきます。

余りにも見え見えな言い訳です。

団地のあちらこちらに動物(犬・猫・ニワトリ・ハト)の飼育禁止と書かれています。

これは、どうなってるのか!ペット飼っていいの?URは、全部は把握しきれません。というのが実情です。

犬は、わかりやすいですけど、猫は、わかりません。

しかし、ニワトリって・・。そんなもん飼っている人はいませんです。

実際は、ペットを飼っている人は、かなりいます。これは、わからなければ良いということになります。

しかし、ペットを飼っている事を近隣からURに通報されペットを何とかしてくれと言われたときに困ってしまいます。

私も猫を飼ってますが普通の愛犬家・愛猫家は、人にあげる事など絶対にできません。

そうなった時は、ペットと共に退去することになります。

スポンサーリンク

退去時、査定で「消臭・襖・室内の床・壁紙などの取替え等」請求される事は覚悟しましょう。かなり退去費は、高くなる事を覚悟しないといけません。

ペットの問題は、大体が近隣の苦情で発覚します。

「URは、ペットはダメなんでしょ!私はアレルギーがあるから動物のいないURに申し込んだのに話が違いじゃないか!」なんて、言われたらなんとかしなければいけません。

訴えてやる!なんて言われても訴えられるのはペットを飼っている人です。

大家に内緒で飼っていますからね。もう、退去するしかないです。

話は戻りますが、特に泣き声まれに臭いなど。

今、飼っている方は、気をつけましょう。特にワンちゃんは!ペットと共にビクビク生活するのは私はごめんです。

民間でもペット可の賃貸は多いです。URなんかよりも格安で物件があります。

民間の一等地では無い郊外の賃貸住宅なんて空きだらけです。

大家さんも空いているよりは!という事で言ってみるとペット可になる事も実際に多いです。

そんな人、たくさん私の周りにいます。友人や妹など。

なにも、わざわざペット禁止のURに住まなくてもいいじゃないですか。

私も犬1匹とネコ2匹飼っています。猫は、捨て猫です。

私ではなく、次女が拾ってきました。仕方ないので家にいますが・・。最近は、カワイイ。

でも、娘は、歩道で拾った猫を(死にかけたいた)そのまま、動物病院へ!

5日ほど入院し、猫アレルギーなのでうちに連れてきました。その費用5万円。その心意気に感心したな。

大したもんだ、誰の娘だ!無責任に餌をあげる人など話にならんな。

花小金井の一言!
花小金井花小金井

私も前に無断にペットを飼っていた住宅に退去後、行った事がありますが、
なんと、四角い柱が、丸くなっているのを見ました。(つめをとぎとぎしていたようですが)前の居住者が、猫を数匹飼っていたそうです。臭いもひどかったですけれど。